2010年02月24日

術後の検診

昨日、手術をした病院に半年ぶりに行って来ました。


いつも手術をした病院に行くのは、かなり嫌がる有紀。


この日はダンナ仕事を休み、母も仕事を昼までにして、二人で保育所にお迎えに。


ちょっとみんなより早く帰れるのがうれしかった有紀はご機嫌で保育所を後に。


いつもは、保育所を出て車に乗り込むと一気にテンション下がって行きたくないと言い出す有紀ですが、5歳になって成長したのか、プレイルーのある病院行くのイヤやな・・・と一言つぶやいたものの、泣かへんかったら診察終わった後、おいしいもの買ってあげるのダンナの言葉でご機嫌に。


病院の駐車場でいつもは車に立てこもる有紀、今回はダンナとよーい、どん!!の掛け声で病院まで二人で走っていってしまい、一人残された母。


急いで再診受付に行って、耳鼻科の待合へ。


有紀とダンナは小児科の待合でアンパンマンを見てたので、母、耳鼻科で有紀が呼ばれるのを待つこと30分。


有紀が呼ばれたので、小児科に向かって呼ばれたよ〜!と言うと有紀やってきて母と二人で診察室へ。


こんにちは、お願いします。と言って、有紀いつもの病院みたいに一人で座れる?と母聞くと、ちょっとイヤイヤして母の足に巻きついていた有紀ですが、抱っこして椅子に座らせると、だまってじっと座った有紀。


看護師さんに大きくなったねぇ、と言われ、おもろい顔をしておっきくなったよー♪と話す有紀。


母、有紀の手を握って、動いたらあかんで、怖くないからじっとやで。と言いながら、耳と鼻と喉を診てもらい、先生何ゆうてくれるかドキドキしていると・・・。


もう、手術して2年以上経つからぼちぼちチューブ抜きましょうか、とのこと。


今度、半年後に来てもらった時に、じっと出来そうやったら、ここでサッと抜いてしまいます。ただ、怖がってじっとできなかったら危ないから、3日ほど入院して全身麻酔で眠ってる間に抜いてしまいましょう。早くて1ヶ月ほどで鼓膜は塞がります。これで、プールも普通に入れますよ。と言って下さったので、それやったらプール開きの前に抜けませんか?と聞いたら、もういつ抜いてもいいので、それだったら6月に抜いてしまいましょうと言う事に。


今の保育所では一回もプールに入ったことが無くて、有紀も入りたいなぁ・・・でもお耳穴が開いてるから・・・と悲しそうに自分に言い聞かせてたので、卒園までににみんなとプールに入れたらいいのにとずっと思っていた母。


もしかしたら、今年はみんなとプール入れるかもしれへんで!!と有紀に言うと、あのおっきなプール?みんなとはいれるん?とうれしそうな有紀。でもそれやったら今度ちょっとお耳触るけど、じっとできる?じっとできひんかったら、また入院もしなあかんし、プール入るのも遅くなるけど、有紀じっとできるかな?と聞くと、わかってるで!ちゃーちゃんが有紀の頭こうやって押さえて、有紀が動かへんようにするんやろ!と自分の頭をガシッとつかんで見せる有紀。


なんか大丈夫そうやわ・・・と母感じて、なんとか全身麻酔ナシでいけることを願う母でした。
タグ:子育て

<>
posted by happy-yuki at 21:48 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プール開きに間に合うといいですね。保育所でみんなとプールで遊んだという思い出ができるように。
有紀ちゃんの頑張る気持ちが神様にちゃんと届きますように。
Posted by 僕は父親 at 2010年02月26日 10:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。