2010年03月15日

中耳炎

手術をしてから、中耳炎になっても、鼓膜にささってるチューブから膿が出て、熱を出すことも、痛がることもなかった有紀が、今回久しぶりにひどい中耳炎でここ2週間、毎日通院している有紀。


手術の後、どんなに痛いことがあっても、痛い!と言わなくなった有紀(痛いって言うと痛い注射をされて大嫌いな薬のまされると思い込んでるから・・・)が、今回はちゃーちゃん、有紀おみみが痛いねん・・・こっちのおみみ。と母に訴える有紀。この日はちょうど日曜日で病院お休みで。有紀が痛いって言うのはよっぽどやと母かなり心配になって、救急病院に行った方がいいのかと思ったけど、熱が出なかったことと有紀が拒否したことで、月曜に病院へ行くことに。


ダンナが半日仕事を休んで有紀を病院へ連れて行くことに。そして診断結果はは中耳炎。鼻水が耳までいってそこで炎症をおこしてるとのこと。病院が終わってから有紀はおばあちゃんのお家で預かってもらいました。


次の日は保育所へ行けるかと思ってたら、今度は鼻水に咳に耳から膿がだらだら出てくる状態で保育所に連れて行ける状態じゃない・・・ってことで、この日もおばあちゃんちにお世話になることに。


水曜日は母、仕事休ませてもらって、有紀と午前中病院に行って、昼からはお家でゆっくり過ごし、明日は保育所行こうなーと話しした有紀と母。


木曜からは保育所に行けるようになったけど、耳の状態はあまりよくなくて。


今日もまだ膿がだらだら出てきてて、耳にお薬入れようと言われた瞬間、今までおとなしく診察を受けてた有紀が、のけぞって嫌がって、お薬いややー!!と泣き喚いて暴れだし、大人4人ぐらいに押さえ込まれ薬を耳に注された有紀。


診察が終わって吸入をしている時も、ヒックヒック泣いて。かわいそうで、有紀を抱っこして病院を後に。


もう有紀身長109センチで、母は分厚い靴下履いて、むっちゃ背筋伸ばして150センチなので、有紀を抱っこすると前は見えないし、はたから見てると、あんなに大きいおねえちゃん抱っこされてるといわれかねない状態で。


でも泣いてる有紀を抱っこしてたら、赤ちゃんの時とか思い出して、よくこうやって抱っこしてたなぁ・・・有紀大きくなったなぁ・・・としみじみ思う母。


いつまでこの子抱っこできる(させてもらえる?)のかなって思うと少しさみしくなった母でした。

タグ:子育て

<>
posted by happy-yuki at 21:34 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
早く耳の状態がよくなるといいですね。

抱っこできる間にしっかり抱っこしてあげてください。
Posted by 僕は父親 at 2010年03月16日 21:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。